だんつまの日記

 しばらく前からDlifeで週に数日20時から海外ドラマのERの再放送をしています。今はシーズン8です。20時というと丁度バタバタしていたりしてあまりにも見忘れるため録画して夜中に見ることにしました。もう何度も見ているのでそこまではしたく無かったのですが、やっぱりあのテンポの良さが気持ちよくてつい。私のERの見所は常に途切れず口の悪いロマノが稀に非常に優しいシーンでした。この間はシーズン8の13話「深い傷」を見ました。エリザベスの赤ちゃんがエクスタシーを誤飲して大変な回ですが、巧いこといろんなパターンのお母さんが出てきて良かったです。ロマノも一瞬優しかったです。

あとスーパードラマTVでBONESシーズン12(ファイナル)を見ています。シーズン12の1話のタイトルが「懐かしい狂気」で本当に懐かしい感じです。シーズン11のラストにザックが出てきた時点で非常にワクワクドキドキでした。ファイナルにザック再登場なんてとてもうれしいです。が、私にとってBONESは海外ドラマで唯一トラウマを与える存在です。他のどの海外ドラマでどれだけ死んでも居なくなってもERのグリーン先生が亡くなった時でもそんなに動じなかったのに何故かBONESは私の心を抉るのです。ザックが犯人だったとなった時はショック過ぎて数年見るのを止めていました。でも犯人では無かったと風の噂で知りまた見始めたと思ったら登場人物の中で好きだったビンセントとスイーツを次々と瞬殺され再ショック、先週やっぱり割と好きだった神父のアルド(ボーンズの結婚式を執り行った人)が実はとっくに死んでてショック、と打ちのめされ続けています。BONES以外は全然大丈夫なんですけれども。不思議です。他に私が死んでほしくない人は国務省のラズウェルさん(ダニー・ウッドバーン)と精神科医から料理人になった人とシーズン11に出ていた高齢のインターン女性でこの三人には再登場してもらいたい気持ちもありますが、死ぬ役だとしたら出てもらわなくてもいいかもしれないです。それにしても終わってしまうのはさみしいです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://dantumama.blog.fc2.com/tb.php/109-008ab57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック