だんつまの日記

 漫画の浮浪雲が終わりました。最終回を読みました。特に何事も無く、いなくなった(主人公)と思ったら押入れで寝ていました。予想を全く裏切らないものすごく適当な感じで終わってうれしかったです。私は最初からヨボヨボしていた渋沢先生が絶対途中でポックリいくだろうなでもポックリいったら嫌だなと小学生の頃からずっとハラハラしていたので最後まで生き延びてくれてそれもよかったです。今更主要な登場人物は死なない漫画だと気が付きました。あと青田先生(青春の悩み担当)が何となく鬱陶しくて青田先生を愛せるようになったらそれは悟りを開けたも同然だ!と思っていましたがまだ無理でした。45巻の表紙(かめさんがメイン)が好きです。そういえば浮浪雲さんの本名は鶴何とかですよね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://dantumama.blog.fc2.com/tb.php/108-f3010982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック