だんつまの日記

高井研一郎先生のお通夜でした。ご冥福をお祈りいたします。

頂いたカードの六さんの絵の横に

「ほどほどズボラで、ほどほどキチンと。ね。」

とありました。

スポンサーサイト
すみません。マンガ「総務部総務課山口六平太」を読み込んでいないとわかりにくい部分があるかもしれないです。


私は多分中学生くらいの頃から「総務部総務課山口六平太」を読んでいます。最初は総務部総務課だったか総務課総務部だったか常に混乱していました。その後会社員をしていた頃は一層おもしろかったです。六さんみたいになりたいと思ってしまうのですが、六さんはマンガ内で「六さんになりたいと思っちゃ駄目」的な事をよく言うんですよね。それはそうなんですけれども、やっぱり六さんはいいですよね。晩ご飯に芋の煮っ転がしを作るべきでしょうか。今ウィキペディアを見ていつの間にか自分が有馬係長より年上になっていた事(ということは恐怖の桃ちゃんよりも年上、ありえないです)にショックを受けました。六さんと小夜子さんの結婚エピソードが読みたかったです。あと今西課長はいつか植木職人になって欲しかったです。天国でももう少し続きを描いてもらえたらと思います。よろしくお願いします。
うちの兄弟に熱は出ないものの咳と鼻水とくしゃみが延々々と続きました。まったく治る気がしない長さでした。でもそろそろ抜け出せそうです。その間の栄養の事を書いておきます。まずまゆらさんの黒枝豆ですが、年々食べるスピードがアップしていて今年は画像を撮る間もありませんでした。次男が枝から枝豆を切っている間は宿題を少しもしたくないと言う長男と争っていました。何とか五粒くらい次男の社会科見学のお弁当用に確保した以外は茹で後30分くらいで無くなりました。兄弟が食べる様子はハムスターの食べぶりに似ていました。


あとパワードエッグ力丸くんです。↓

IMG_7183.jpg

卵かけごはんに最適だそうで全部そう食べました。濃厚です。
他にも之助さんの仕事先で出たお弁当(多分ものすごく良いお弁当だと思います)やお菓子などが素敵でした。ごちそうさまでした。

食べる物と言えば今年亡くなった伯母さんが数年前のハロウィンの時送ってくれたお菓子はまだ食べられると思われますでしょうか?アメリカ製です。もらった当時も食べたら体に良くなさそうなオーラを放っていたことは放っていました。