だんつまの日記



 長男の前歯(乳歯)が融合歯で一見普通に二本生えているように見えていましたが、一本しかありませんでした。二本分の大きさの一本の歯のまん中に溝だけあった感じで。それで歯科の先生からは乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきて二枚歯になるかもしれませんと言われていました。そして三日くらい前の朝、長男の顔というか口を見たら何か違和感があって口の中を覗いたら、乳歯の内側に永久歯が二本生えていました。二枚歯になったらもう乳歯は抜くしかなく、かかりつけの歯科に電話をしたら、たまたま予約が空いていて下校途中そのまま抜きに行きました。ものすごく暴れたため、取り押さえられてバスバス麻酔を打たれてポンポン抜かれました。その後先生が、
「麻酔で感覚が無い唇を噛まないようタオルを二時間噛んでいましょうね」
と言い、長男は従順に歯科から家まで1kmちょっとタオルを咥えて帰ってきました。

次男の幼稚園では女の子たちの間でアナと雪の女王が大流行しており、毎日ラジカセで「レリゴーレリゴー」の歌を流しながら女の子数人が舞台的な積み木の上でドレス的な布を身にまとい踊り続けています。その横で何故か次男が「レリゴーレリゴー」の節で「生きてるー生きてるー」と歌っていたそうです。何故か。
スポンサーサイト
 うちの近辺はカナブンが多いです。長男は毎朝外の階段の人が踏みそうな位置にいるカナブンを移動させる係です。虫好きではないので、ほんのり嫌そうです。この間お向かいの部屋の人がドアを開けて一歩踏み出したら踏むだろう位置にセミがいて、それも移動してもらいました。嫌そうでした。
「セミなんてなんて欲しい子はものすごく欲しいのに」
と私が勿体無がると、くれようとしたため、
「私は欲しくない」
と言いました。セミは飛んでいきました。それはそれとして、さっき窓から入ってきたカナブンが窓や蛍光灯や壁にカンカン当たりまくって今ようやく出て行ってくれました。でも三日前に入ってきたカナブンはまだ出て行っていないような気がするのです。あまり考えないようにしていますが。私が気が付かない間にとっくに出て行って幸せを掴んでくれていたらいいです。

さあ、カンカンも無くなったので落ち着いて鯉朝さんが送ってくれたカツオを食べます。鯉朝さんいつもありがとうございます。