だんつまの日記

 之助さんの落研の後輩の塚田さんのビルの屋上で毎年見させてもらっています。ありがとうございます。今年は花火の前に踊りがありました。


IMG_4751.jpg


↓サンバのリズムの中爆睡していたのでサンバの人(緑色の方の踊り子さん↑)に、ぶっちゅ~っとされた次男。それでも起きず。ナイスキスマーク。

IMG_4755.jpg


帰りの電車はそんなに混んでいなくて楽に帰ることが出来ました。

↓12年物の紹興酒を開けているところ

IMG_4743.jpg


↓一番きれいに撮れた花火

IMG_4786.jpg
スポンサーサイト
 夏休み前まで私がしていた(まだ少し終わってないですが)幼稚園の大変な係というのは本当にそれはもう大変な係で、その係長といえば長男の時はそれこそ雲の上の人みたいな大先輩ママがしていた係です。それを次男の時になって私がするなんてなんてまったく300%ありえない話です。にもかかわらず、このような事態になってしまったのは激しい人手不足と、うっかり安請け合いが主な原因です。丁度話が来たのが山口六平太ちゃんが連載666回という今から半年くらい前の事で私も何かテンションが上がってしまって「六平太ちゃんのようにすれば大丈夫かもしれない」と浮かれた考えを持ってしまいました。あ、山口六平太ちゃんというのは『総務部総務課山口六平太』という私が女子高生の頃から読んでいるマンガの主人公でジャガイモみたいなサラリーマンです。ご存知の方わかると思いますが、この六平太ちゃんはスーパー万能総務という感じの人でマンガの中でも何度も「六平太ちゃんのようになろう」とするキャラクターが出てきて最終的に「誰も六平太ちゃんのようにはなれない、自分らしく頑張ろう」というオチが来るじゃないですか。その通りです。その通りでしたよ。でも何となく真似出来そうな雰囲気の人でもあるのです。何度も出てくるキャラクターのように私も頑張れば少しはいけるんじゃないかと。「ああもうオチ知ってるくせに私ときたら」と百回くらい頭抱えた夏でした。

それはそれとして666回のお話は単行本まだですよね。ネタバレ駄目ですよね。私は読む前一瞬秘書と結婚が頭を過ぎりでもそれは無いなと予想しました。秘書悲しいほど婚約期間長いからつい。確か二十年くらい?流石に私が女子高生の頃はまだ交際してるだけでしたが。まだ新人の後輩秘書に先を越されてからも二十年以上、婚約記念に撮った婚約写真と結婚写真の差がどんどん開くのではと他人事ながら気にしています。『パタリロ』みたいに登場人物に子どもが生まれたりはするけれども基本年は取らない設定なのでいいのですが。
昔実家で飼っていた猫のお墓参りに行きました。哲学堂のそばの動物霊園で赤塚不二夫さんの菊千代もいる所です。菊千代のお墓には赤塚不二夫さんが描いたニャロメ的な似顔絵があって一目でわかります。あげたばかりのお線香がありました。検索するとたくさん画像が出てくるので特に撮ってきませんでした。うちの猫は共同のお墓で缶詰と煮干しを供えました。食べてよく眠るように。小さな竹林があってタケノコが生えていて、私はものすごく蚊に刺されました。

幼稚園の大変な係何とか終わりました。皆さんお疲れ様でした。